カーブ形状でなめらかな切れ味を実現 まとめ プラス フィットカットカーブスタンダード 対称 SC-175S 専門店 1本 グリーン 刃渡り65mm ×50セット 12523円 カーブ形状でなめらかな切れ味を実現! (まとめ) プラス フィットカットカーブスタンダード 対称 刃渡り65mm グリーン SC-175S 1本 【×50セット】 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 はさみ・裁断用品 はさみ 12523円 カーブ形状でなめらかな切れ味を実現! (まとめ) プラス フィットカットカーブスタンダード 対称 刃渡り65mm グリーン SC-175S 1本 【×50セット】 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 はさみ・裁断用品 はさみ プラス,test-fcv.unr.edu.ar,/item/4570/,刃渡り65mm,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , はさみ・裁断用品 , はさみ,(まとめ),フィットカットカーブスタンダード,1本,12523円,SC-175S,カーブ形状でなめらかな切れ味を実現!,【×50セット】,対称,グリーン プラス,test-fcv.unr.edu.ar,/item/4570/,刃渡り65mm,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , はさみ・裁断用品 , はさみ,(まとめ),フィットカットカーブスタンダード,1本,12523円,SC-175S,カーブ形状でなめらかな切れ味を実現!,【×50セット】,対称,グリーン カーブ形状でなめらかな切れ味を実現 まとめ プラス フィットカットカーブスタンダード 対称 SC-175S 専門店 1本 グリーン 刃渡り65mm ×50セット

カーブ形状でなめらかな切れ味を実現 大人気! まとめ プラス フィットカットカーブスタンダード 対称 SC-175S 専門店 1本 グリーン 刃渡り65mm ×50セット

カーブ形状でなめらかな切れ味を実現! (まとめ) プラス フィットカットカーブスタンダード 対称 刃渡り65mm グリーン SC-175S 1本 【×50セット】

12523円

カーブ形状でなめらかな切れ味を実現! (まとめ) プラス フィットカットカーブスタンダード 対称 刃渡り65mm グリーン SC-175S 1本 【×50セット】



■商品内容

【ご注意事項】
・この商品は下記内容×50セットでお届けします。

●根元から刃先まで、なめらかな切れ味を実現。
●カーブ形状の刃(ベルヌーイカーブ刃)によって、対象物をしっかりとつかまえることができる刃角度(30度)をキープできます。
●低反発グリップ。


■商品スペック

色:グリーン
刃渡り:65mm
全長:174mm
材質:グリップ:ABS+TPE、刃・カシメピン:ハイカーボンステンレス鋼、がたつき防止リング:POM
重量:58g
その他仕様:●板厚:1.8mm

【キャンセル・返品について】
商品注文後のキャンセル、返品はお断りさせて頂いております。予めご了承下さい。



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【1 - 5営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS1】です。同梱区分が【TS1】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。

カーブ形状でなめらかな切れ味を実現! (まとめ) プラス フィットカットカーブスタンダード 対称 刃渡り65mm グリーン SC-175S 1本 【×50セット】

地球の物語の、つづきを話そう。

詳細はこちら 

卓越した操業を実現する OpreX 5カテゴリー

OpreX ブランドサイト 

最新ニュース

スポットライト

YOKOGAWA DX Expo

お客さまとYOKOGAWAをつなぐ仮想空間です。課題解決のヒントや新しい発見ができるよう、随時新鮮な情報を発信しています。

20本入り1ケース。1本で混合ガソリンが50リットル作れます!草刈機・チェンソー用に最適! 【ゼノア】【混合燃料用オイル】2サイクルエンジンオイル【50:1】 1L 20本入り

YOKOGAWAのライフイノベーション事業は、コロナウイルス研究者と連携し、新薬やワクチンの早期開発に向けた研究支援を行っています。

自動から自律の時代へ

YOKOGAWAは自律操業が進んだ産業界の未来に向けて、IA2IA(Industrial Automation to Industrial Autonomy)を提唱しています。

センシング技術とその用途

センシング技術を応用して、より大きなイノベーションを生み出す方法と共に、今後の課題を展望します。


トップ