11564円 工事不要で和式トイレが洋式トイレに早変わり [アロン化成] 安寿 サニタリエース OD 据置式 暖房便座タイプ ノーマル(補高スペーサー無し) 533-416 簡易設置型洋式トイレ 補高便座 工事不要 和式 トイレ かぶせる 便座高さ39cm 医薬品・コンタクト・介護 介護用品 失禁用品・排泄介助用品 補高便座 11564円 工事不要で和式トイレが洋式トイレに早変わり [アロン化成] 安寿 サニタリエース OD 据置式 暖房便座タイプ ノーマル(補高スペーサー無し) 533-416 簡易設置型洋式トイレ 補高便座 工事不要 和式 トイレ かぶせる 便座高さ39cm 医薬品・コンタクト・介護 介護用品 失禁用品・排泄介助用品 補高便座 533-416,/equanimousness495188.html,OD,和式,test-fcv.unr.edu.ar,かぶせる,11564円,暖房便座タイプ,[アロン化成],工事不要で和式トイレが洋式トイレに早変わり,安寿,トイレ,簡易設置型洋式トイレ,サニタリエース,ノーマル(補高スペーサー無し),医薬品・コンタクト・介護 , 介護用品 , 失禁用品・排泄介助用品 , 補高便座,補高便座,便座高さ39cm,工事不要,据置式 533-416,/equanimousness495188.html,OD,和式,test-fcv.unr.edu.ar,かぶせる,11564円,暖房便座タイプ,[アロン化成],工事不要で和式トイレが洋式トイレに早変わり,安寿,トイレ,簡易設置型洋式トイレ,サニタリエース,ノーマル(補高スペーサー無し),医薬品・コンタクト・介護 , 介護用品 , 失禁用品・排泄介助用品 , 補高便座,補高便座,便座高さ39cm,工事不要,据置式 工事不要で和式トイレが洋式トイレに早変わり アロン化成 安寿 サニタリエース OD 据置式 暖房便座タイプ ノーマル 補高スペーサー無し 533-416 補高便座 工事不要 かぶせる 和式 トイレ お求めやすく価格改定 簡易設置型洋式トイレ 便座高さ39cm 工事不要で和式トイレが洋式トイレに早変わり アロン化成 安寿 サニタリエース OD 据置式 暖房便座タイプ ノーマル 補高スペーサー無し 533-416 補高便座 工事不要 かぶせる 和式 トイレ お求めやすく価格改定 簡易設置型洋式トイレ 便座高さ39cm

工事不要で和式トイレが洋式トイレに早変わり アロン化成 安寿 サニタリエース OD 据置式 新商品 暖房便座タイプ ノーマル 補高スペーサー無し 533-416 補高便座 工事不要 かぶせる 和式 トイレ お求めやすく価格改定 簡易設置型洋式トイレ 便座高さ39cm

工事不要で和式トイレが洋式トイレに早変わり [アロン化成] 安寿 サニタリエース OD 据置式 暖房便座タイプ ノーマル(補高スペーサー無し) 533-416 簡易設置型洋式トイレ 補高便座 工事不要 和式 トイレ かぶせる 便座高さ39cm

11564円

工事不要で和式トイレが洋式トイレに早変わり [アロン化成] 安寿 サニタリエース OD 据置式 暖房便座タイプ ノーマル(補高スペーサー無し) 533-416 簡易設置型洋式トイレ 補高便座 工事不要 和式 トイレ かぶせる 便座高さ39cm



●カラー/アイボリー
●サイズ/
幅37×奥行58×高さ40cm
(便座までの高さ:39cm)
●最大使用者体重/100kg
●材質/
本体・上フタ・便座ベース板:ポリプロピレン
●重量/4.7kg
●特徴/
・和式トイレにかぶせるだけで、洋式トイレに早変わり。和式トイレにかがむには足腰や膝が不安な方に
・臭いがもれにくい上フタ形状
・ゆっくり閉まる上フタ・便座
・暖房便座の使用で、着座時の冷たさによるショックを軽減










工事不要で和式トイレが洋式トイレに早変わり [アロン化成] 安寿 サニタリエース OD 据置式 暖房便座タイプ ノーマル(補高スペーサー無し) 533-416 簡易設置型洋式トイレ 補高便座 工事不要 和式 トイレ かぶせる 便座高さ39cm

地球の物語の、つづきを話そう。

詳細はこちら 

卓越した操業を実現する OpreX 5カテゴリー

OpreX ブランドサイト 

最新ニュース

スポットライト

YOKOGAWA DX Expo

お客さまとYOKOGAWAをつなぐ仮想空間です。課題解決のヒントや新しい発見ができるよう、随時新鮮な情報を発信しています。

自動から自律の時代へ

YOKOGAWAは自律操業が進んだ産業界の未来に向けて、IA2IA(Industrial Automation to Industrial Autonomy)を提唱しています。

センシング技術とその用途

センシング技術を応用して、より大きなイノベーションを生み出す方法と共に、今後の課題を展望します。


トップ